はじめに 里山物語

文字サイズ変更
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

「里山物語」による第3回支援活動─典型的な里山の古民家を、 原発事故による避難・移住者支援に活用している団体を支援。

2012/11/14

3回目の支援先は、原発事故により長野県へ避難されている方、これから避難・保養を考えている方の当事者ネットワーク、「手をつなぐ3.11信州」(長野県松本市)でした。同団体は里山地帯に建つ築100年以上の古民家、「小赤の家」を活動拠点としています。古民家という里山の暮らしを物語る貴重な遺産を有効活用していることや、松本市の里山などでつくられた安全な野菜を望む人たちに送料無料で送る「食糧支援プロジェクト@松本」とも連携していることに着目した弊団体では、「手をつなぐ3.11信州の活動にコミットすることで、より活動が広がり、里山の価値も高まると考えて支援を決定しました。

支援に先駆けて里山保全再生ネットワークがヒアリングを行ったところ、古民家の傷みがひどく、冬を前にして補修が必要だとお聞きしたため、古民家の補修資材費を支援することになり、2012年9月に支援を実施し、1026日に贈呈式を行いました。

小赤1.jpg          「手をつなぐ3.11信州」の森永代表(中央)と、中越パルプ工業の西村営業企画部長(右)、弊団体代表の岩間(左)

また、「小赤の家」に暖房施設がないことをお聞きした弊団体では、バイオマス利用にも通じる「薪ストーブ」贈呈を目的としたチャリティコンサートを、1021日に開催しました。

小赤2.jpg

弊団体では、今回の支援をきっかけとして、「手をつなぐ3.11信州」や、「食糧支援プロジェクト@松本」などと協力しあいながら、里山を活用した保養プログラムの開催などに取り組んでいく予定です。


なお、今回の支援活動に至るまで、「里山物語」を使用してくださった企業・団体名(50音順)は下記の通りです。

 

NGO A SEED JAPAN

因幡電機産業株式会社      

共存の森ネットワーク          

T&Dホールディングス         

エクシード            

エムアイシーグループ         

かんでんEハウス              

株式会社共同通信社          

株式会社クリーム

株式会社下野新聞アドセンター         

正匠      

西武信金    

セキスイエクステリア株式会社          

ソニー銀行株式会社           

大地を守る会       

大和写真工業      

高山信用金庫      

中越パルプ工業株式会社   

中越緑化             

テイエス企画        

財団法人とやま環境財団    

西日本リネンサプライ株式会社          

日本エディタースクール       

日本紙パルプ商事株式会社

日本コムシス株式会社       

東日本銀行          

文運堂   

ポイントグリーン    

ホクシン 

株式会社北陸銀行             

北陸電力株式会社             

北陸電力リビングサービス  

ポッカコーポレーション        

毎日新聞社           


トラックバック0

トラックバックURL

カテゴリ

タグクラウド