はじめに 里山物語

文字サイズ変更
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

「里山物語」が生まれた背景

里山は人がエネルギーや食べ物を得る場として利用してきたにもかかわらず、結果的に自然と共生し、生物の多様性も豊かになったという、世界に誇れる環境です。

その里山にいま、注目が集まりはじめています。2010年10 月に名古屋市で開かれる「生物多様性条約第10 回締約国会議(COP10)」でも、ホスト国の日本政府が"SATOYAMAイニシアティブ"の発表を計画しているほどです。
しかし、国内に点在する里山の多くは、労苦をいとわないボランティアと、ぎりぎりの活動資金によって何とか守られているのが実情です。
そこで、里山保全再生ネットワークでは、里山が脚光を浴びている最大の機会をとらえ、製紙メーカーである中越パルプ工業が計画していた里山保全への寄付金付き印刷用紙の開発に協力しました。それが「里山物語」です。


Satoyama最新ロゴ.jpg

カテゴリ

タグクラウド