里山リポーターにご登録ください

当サイトのコミュニティ「みんなで育てる里山情報入会地(里山ネット新聞、里山フォトブログ、里山ムービーアーカイブ、里山あっちこっちマップ)」に情報を投稿してくださる方は、まず、「里山リポーター」としてご登録(無料)ください。

「里山リポーター」にご登録いただくと、ご登録のアカウント(ID)でコメント投稿も可能です。登録手順は以下の通りです。

1.「里山リポーターへのお願い」をご一読ください。

里山リポーターへのお願い

2. HPの画面右上にある「新規登録(無料)」ボタンから登録

内容に同意していただきましたら、HPの画面右上にある「新規登録(無料)」ボタンをクリックし登録情報を入力してください。

  • ユーザー名
  • HP上に表示されるお名前(ニックネームでも可)
  • パスワード

など

3. 画面右下「サインアップ(新規登録する)」ボタンをクリック

情報を入力後、画面右下「サインアップ(新規登録する)」ボタンをクリックして下さい。
(HP上に表示される名前や自己紹介文などは登録後、編集可能です)

4. 登録メールアドレスにメールが届きます。

「サインアップ(新規登録する)」ボタンをクリックすると、ご登録いただいたメールアドレスにメールが届きます。アカウント確認(登録確認)をしますので、メール本文中にあるリンク先をクリック、または、ご利用のブラウザのアドレス欄にコピーし貼り付けてアカウント確認をしてください。

メールの件名は:「Movable Type アカウント登録確認」

5. 当団体で登録情報を確認致します。

アカウント確認をしていただいたあとに、当団体でご登録情報を確認させていただきます。登録情報を確認するのに数時間から3日ほどお時間をいただく場合があります。(土日祝日など確認する時間がもてない場合があるため)予めご了承ください。

6. 当団体が登録情報を確認すると、情報提供(投稿), コメント投稿が可能になります。

当団体が登録情報を確認した、というご連絡は特に通知いたしません。お手数ですが、HP上からご確認ください。

里山リポーターの登録を解除する

里山リポーターの登録を解除する場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。※ご登録「ユーザー名」をご記入下さい。

地域の人たちが助け合いながら利用してきた里山の「入会地」のように、全国の里山ファンが持ち寄った情報を公開する情報掲示板です。里山リポーターの方で情報を提供(投稿)する場合は「里山フォトブログ」「里山あっちこっちマップ」「里山ムービーアーカイブ」「里山ネット新聞」のいずれかのブログのページに行き情報をご提供ください。

「みんなで育てる里山情報入会地」って?

地域の人たちが助け合いながら利用してきた里山の「入会地」のように、全国の里山ファンが持ち寄った情報を公開する情報掲示板です。里山リポーターに登録(無料)して、里山情報を投稿してみませんか?

最近のページ

ヤドリギプロジェクト

NPO法人森林風致計画研究所さんが実施されている「ヤドリギプロジェクト」。採取風 »

ピザ窯用にちば山の薪をいただきました

ピザ窯に使っている薪は千葉県産の杉の間伐材。 杉は火付きは良いものの煙りがモクモ »

里山の四季 スライドショー 

手持ち写真で里山の四季を表現したスライドショーです。 BGMは弊団体の会員でもあ »

長野県池田町の田園地帯

日本で最も美しい村連合に加盟している池田町。アルプスを背景に、美しい田園地帯が広 »

長野県松本市四賀地域

長野県松本市の北部、旧四賀村地域の風景です。 集落を抜ける国道143号から、細長 »

オオムラサキのいる林

山梨県甲府市。甲府駅からそれほど遠くない住宅地の裏山で、オオムラサキを見かけまし »

安曇野、アルプスに見守られながらの田植え

ゴールデンウイークのころ、安曇野は田植えの季節を迎えます。 幹線道路は観光客の車 »

松本市旧四賀村地区

松本市の北部に位置する旧四賀村地域。 歴史のある山里は、どこもかしこも里山です。 »

長野市大岡野棚田

長野市の旧大岡村地区は棚田の宝庫です。 アルプス展望道路と呼ばれる県道や、枝道沿 »

大阪府民の森みどりの文化園むろいけ園地

大阪府四條畷市。生駒山地の一角を成すのが、むろいけ園地です。 雑木林が広がる典型 »

松本市郊外、三才山地区の里山

松本市内から10kmほど離れた三才山地区。 ここでも多くの里山風景が見られます。 »

御宝遊水池

長野県安曇野市にある御宝遊水池です。 白鳥の飛来地として知られ、初秋以降、多くの »

白米の千枚田

輪島市にある棚田百選「白米の千枚田」です。撮影で訪れた日、棚田にはたくさんの人が »

輪島市の鎮守の森

穴水から輪島に向かう県道を走行中に、まるでトトロが住んでいそうな鎮守の森を見つけ »