市販版の『生物多様性民間参画ガイドライン』に『里山物語』が採用されました

2010/06/14

guide1.jpg環境省自然環境局がとりまとめ、株式会社成山堂書店が発行する市販版の『生物多様性民間参画ガイドライン』に、特定非営利活動法人里山保全再生ネットワーク(以下、当団体と略)が寄付金の受け皿となっている印刷用紙、『里山物語』が採用されました。


このガイドラインは環境省自然環境局が平成21年8月に公表したもので、事業者が生物多様性に取り組む上で、参考になる情報がとりまとめられています。「生物多様性とは何か。なぜ重要なのか」や、「国内外での重要な動き」といった基本的な事項に始まり、例として事業活動に必要な生物多様性の恵みや、開発や外来種の持ち込みなどによる生物多様性への影響などが示されています。また、取り組みの意義についても解説されています。さらに民間事業者による先駆的な取り組み事例も紹介されており、具体的な取り組みを進める上で、とてもわかりやすく参考になる内容となっています。

印刷用紙として使われた『里山物語』は、中越パルプ工業株式会社が開発した印刷用紙です。国産の間伐材を積極的に原料として活用している(クレジット方式)ため、林野庁が地球温暖化抑止のために推進している「木づかい運動」の登録商品となっています。また、用紙価格に一定の寄付金が乗せられており、当団体を通じて各地で里山の再生・保全に携わっている団体の活動を資金・物資面でサポートしていく仕組みとなっています。こうしたスキームにより、『生物多様性民間参画ガイドライン』を発行した株式会社成山堂書店は、生物多様性の保全と地球温暖化対策の両面で社会貢献していることになります。
 当団体では、本書に使われた印刷用紙、『里山物語』からの寄付金を適正に運営して、さまざまな里山保全・再生団体の活動を支援してまいります。なお、他の印刷物等で使用された『里山物語』からの寄付金と合算した上で、支援活動を展開しますので、実際の支援活動のスタートは数ヶ月後となる予定です。

『生物多様性民間参画ガイドライン』について
  仕様 A5判・並製・192ページ 
  定価 2,100円(5%税込)
  発行 株式会社成山堂書店
     〒160-0012 東京都新宿区南元町4-51 成山堂ビル
     TEL : 03-3357-5861 FAX : 03-3357-5867
 URL: http://www.seizando.co.jp/


里山保全再生ネットワークへのお問い合わせ先
担当者:事務局長:岩間敏彦
TEL・FAX:0463-57-2862 
E-mail:info@satoyama-saisei.net
URL:http://satoyama-saisei.net/

トラックバック0

トラックバックURL

コメントする

作成済みのアカウント(Google YAHOO! 等)でもコメントいただけます。里山リポーターに登録済みの方はサインインしてからコメントしてください。




カテゴリ

タグクラウド

最近のページ

市販版の『生物多様性民間参画ガイドライン』に『里山物語』が採用されました

環境省自然環境局がとりまとめ、株式会社成山堂書店が発行する市販版の『生物多様性民 »

guide1.jpg

里山保全への寄付金付き国産材活用ペーパー「里山物語」12月に販売開始

地球温暖化と生物多様性に対して二重に貢献! ~里山保全への寄付金付き国産材活用ペーパー「里山物語」~ 2009年12月7日より販売と運用を開始 »

里山保全への寄付金付き国産材活用ペーパー「里山物語」12月に販売開始

最近のコメント